選んではいけない!食べてはいけないドッグフードに入っている添加物

食べてはいけないドッグフード

スーパーやホームセンターで販売されている安価なドッグフードには危険な添加物が使用されていることがあります。

そのため、危険な添加物が入っているドッグフードを選んでしまわないように、パッケージの原材料表を見れば、見分けが付くよう添加物の知識を身に着けておきましょう。

食べてはいけない添加物「超危険な酸化防止剤」

ドッグフード

ドッグフードを長期販売できるように腐らせない危険な添加物です。
これらが含まれているドッグフードは絶対に選ばないようにしましょう。

BHA/BHT

BHA(ブチルヒドロキシアニソール)は石油やガソリンの酸化を防止する目的で開発された添加剤です。

発がん性が指摘されており、日本では制限が掛かる範囲での使用が認められていますが、先進国では使用できない国も多いのです。

エトキシキン

非常に強い酸化防止剤で、日本では使用が禁止されている添加剤です。

皮膚アレルギーを起こす危険性が指摘されており、最大の悪影響があると言われています。

粗悪な原材料をごまかす危険な調味料

安価なドッグフードは原材料自体が粗悪なため、ワンちゃんが食べてくれません。
そのため人工的な調味料で味付けして、ごまかして食べさせているのです。
特にワンちゃんは甘みを好むため、人工的に作り出した甘味料は避ける必要があります。

キシリトール

人間には問題がないキシリトールですが、犬にとって害になる食材です。
犬に与えると血糖値が低下して嘔吐・腎不全などになる危険性があります。

ソルビトール

ダイエット食品や低カロリー食品等に使用されていますが、大量摂取で死亡するケースも過去にあり、危険な調味料です。安全のため、避けるべき調味料です。

グリシリジン・アンモニエート

安全性が確認できていない調味料です。
人間への使用が許可されていない物質なので、ワンちゃんへ与えるのは控えておくべきです。

ビートパルプ

サトウダイコンの砂糖を取り出したカスの再利用した原材料です。
砂糖の糖分が残留しているため、甘みが残っており、ワンちゃんの食いつきを良くする目的で使用される場合があります。

便を固める効果があるので、多く摂取すると便秘になる可能性があるにも関わらず、安価で多く量を稼ぐため大量に使用されているフードもあります。

保存料など危険物質

プロピレングリコール

ウェットフードの防腐剤に使用され、カビの防止にも使用されています。
毒性が強く、アレルギーを発症したり腸閉塞の原因となるため、避けるべき添加物です。

ソルビン酸カリウム・亜硝酸ナトリウム

保存料やカビの防止剤として使用されますが、発がん性の恐れがあります。

着色料

人間の見た目だけに使用される極めて無駄な添加剤です。
「赤色◯◯号」「青色◯◯号」などの表示のもので、どの色も発がんのリスクがあるので避けるべきものです。

ドッグフードの危険な添加物のまとめ

カナガン

安価なドッグフードの場合、粗悪な原材料をごまかすために保存料・酸化防止剤・着色料・調味料を使用しています。

たしかに直ぐ傷んでしまっては売り物にならないので致し方ないですが、愛犬には非常に危険であることを認識しておかなければなりません。

なお、カナガンドッグフードにはこれらすべての人工添加物は含まれていないので安心して愛犬に与えることが出来ます。

 

カナガンドッグフードの原材料や成分の安全性は?添加物と原産国は?
モグワンドッグフードの原材料と成分の安全性は?原産国や添加物は?いくら人気があっても体に害があるものが少しでも入っていたら愛犬には与えられないですよね。そこで、今回はモグワンドッグフードの原材料、成分、原産国、添加物について詳しく調べて行きましょう。
error:Content is protected !!