カナガンは尿路結石の犬に与えて大丈夫?ストルバイト&シュウ酸結石

カナガンと尿路結石(ストルバイト・シュウ酸結石

カナガンドッグフード尿路結石の愛犬に与えても大丈夫ですか?
犬の尿路結石は意外と多い病気の一つ。
そのため、カナガンを与えても大丈夫なのか?
購入前に知りたいのは当然!
管理人
管理人

そこで、今回はカナガンを尿路結石の愛犬に与えても大丈夫なのか、確認して行きましょう。

カナガンドッグフードを尿路結石の犬に与えて大丈夫?

カナガンと尿路結石

尿路結石とは

尿路結石は犬種を問わず患いやすい病気の一つです。
一度患うと再発しやすい病気でのあります。

尿路結石は尿ガン排出される管に結石が出来てしまう病気です。

結石は固く角があるため、尿路を傷付けてしまい、尿路をふさいでしまって、尿毒症になることもある恐ろしい病気なのです。

尿路結石は主に「ストルバイト結石」「シュウ酸カルシウム結石」の2つがあります。

ストルバイト結石

ストルバイト結石は、尿道から細菌が入ってしまい、最近が増殖することで発症します。

正常な尿は弱酸性ですが、細菌によってアルカリ性に変異します。
そのことでリン酸アンモニウムマグネシウムが結晶化して、結石となってしまうのです。

また、水分量が少なかったり、オシッコの回数が少ない犬の場合、体内で尿が濃縮されることで、ストルバイト結晶ができます。

シュウ酸カルシウム結石

シュウ酸カルシウム結石は肝臓でシュウ酸とカルシウムが結合して結石となります。

原因はホルモンともいわれています。

また、水分量が少なく、オシッコの回数が少ない犬の場合、肝臓でシュウ酸とカルシウムの濃度が上がり、結合して結石が出来てしまいます。

ストルバイト結石を患うと、無理に尿酸値を酸性にしてしまいすぎて、シュウ酸カルシウム結石になってしまうことも多いようです。

尿路結石になったら

尿は身体に入った不要なものを輩出するため、食事で食べたものが尿酸値としてかかわってきます。
その原因となるドッグフードは毎日、同じものを食べることになるので、尿路結石と大きなかかわりを持つことになるのです。

過剰なミネラルの摂取やアンバランスな摂取の仕方は尿路結石に繋がるリスクが高まります。

また、ストルバイト結石・シュウ酸カルシウム結石共に、水野摂取量が少ないと病気に掛かり易くなり、一度患った病気の改善や再発の可能性が高まってしまいます。

そのため、愛犬がいつでも新鮮な水を飲めるように工夫しておく必要があります。

そして尿を体内に貯めないようにトイレはいつも清潔にして、おしっこをしやすい環境を整備しておくようにします。

カナガンドッグフードはミネラルバランスに優れている

  • ストルバイト結石の材料になるリンやマグネシウム。
  • シュウ酸カルシウム結石の材料になるカルシウム。

一般的にこれらミネラルの材料が原因で結石になると考えがちです。
しかし、摂取しなければ良いのか?
といえば、実はそうでは無いのです。

尿路結石の専用として販売されているドッグフードは、単純にミネラルの量を減らしていたりします。

しかし、ミネラルは大切な栄養素のため、安易に減らしては身体に悪影響を及ぼします。

カルシウム・リン・マグネシウムが少ないと骨粗鬆症など骨の形成に問題が起きたり、皮ふの健康を害したりしてしまいます。

つまり量を減らすのではなく、適正なバランスです。

カナガンは理想のミネラルバランス

カナガン AAFCO基準
カルシウム 1.86% 0.6~2.5%
リン 1.42% 0.5~1.6%
カルシウム:リン比率 1:0.8 1:1~2:1
マグネシウム 0.10% 0.04~0.3%

このようにカナガンドッグフードはカルシウム・リン・マグネシウムの配合が理想的になっています。

尿路結石に有効性が認められたクランベリーの配合

尿路結石

ストラバイト結石は細菌の感染が原因となっていると最初に記載しましたが、この感染にカナガンに配合されているクランベリーに予防効果があることが分かっています。

クランベリーは尿を酸性に保つ働きがあり、細菌の増殖を抑えてくれるのです。
人間用のケアとしてもその効果を謳って販売されている飲料があるくらいです。

カナガンドッグフードを尿路結石のまとめ

カナガンドッグフードは理想的なミネラルバランスで尿路結石の予防に有効。

ストラバイト結石を予防するクランベリーを配合している。

このように結石に対しての予防効果が期待できるドッグフードであることが分かりました。

カナガンドッグフードは約20年の実績のあるフードですので、尿路結石以外の病の予防にも期待できるフードです。

なお、大きな尿路結石の原因が水分不足です。十分な水分を常に与えてあげてください。
軽い結石の場合は、多めのお水を与え続けることで症状が見られなくなることが多いのです。

また、結石の疑いがある場合には動物病院で検査と医師の診断を受けることをお勧めします。

error: Content is protected !!