カナガンチキンはパピーの何カ月から?ドッグフードの量や子犬の口コミまで

カナガン パピー

カナガンチキンはパピー(子犬)に与えても大丈夫でしょうか?
カナガンチキン発売元の説明には「全犬種・全年齢対応」となっていますが、それって何ヶ月のパピーからなの?与える量は?

一般のドッグフードはパピー用があるから、本当に与えて大丈夫なのか?
月齢2カ月は?3か月は?4か月は?…気になりますよね。

管理人

そこで今回はカナガンチキンがパピー(子犬)に合うのか、ドッグフードの給餌量や口コミなども含めて、詳しく解説して行きましょう。

カナガンはパピーの何カ月から?2か月や3か月の量はどう?

カナガンと子犬 パピー

カナガンチキン発売元の(株)レティシアンに確認したところ、カナガンチキンの対象年齢は2か月以降の全年齢が対象となっています。

そのため、2カ月や3か月のワンちゃんに与えても全く問題はないとのことです。ただしカナガンチキンをパピーに与える場合には、4点ほど注意点があります。

カナガンチキンをパピーに与える際は給餌量の調整が必要

カナガン パピー 給餌量

カナガンチキン パピー(子犬)の給餌量
成犬時
の体重
超小型
1-5kg
小型
5-10kg
中型
10-15kg
中型
15-20kg
2-3か月60-70140-150160-170200-210
4-5か月80-90160-170180-190220-230
6-7か月90-100170-180200-210240-250
8-9か月80-90160-170200-210240-250
10-11か月60-70150-160180-190220-320
12-13か月成犬140-150170-成犬210-成犬
14-15か月成犬成犬成犬成犬
カナガンチキン パピー(子犬)の給餌量
成犬時
の体重
中型
20-25kg
大型
25-30kg
大型
30-35kg
———
2-3か月290-300350-360400-410
4-5か月310-320370-380420-430
6-7か月330-340390-400440-450
8-9か月330-340410460
10-11か月310-320390-400440-450
12-13か月300-成犬370-380420
14-15か月成犬350-360400-410
カナガンチキンの給餌量の表はあくまで目安です。
活動量や代謝量によっても適切な量は変わってきます。

  • 太り気味の場合…10%減らす
  • 痩せ気味の場合…10%増やす

このような調整を行って適正な体重になるように調整が必要です。
また、ウンチが柔らかい(手でつめない程度)場合は量が多いため、5%程度の給餌量を減らしてください。

離乳中はカナガンチキンをふやかす

ふやかす離乳中の場合は、カナガンチキンを水でふやかして与えるか、パピー用のミルク浸して与えてください。

温度の高いお湯でふやかすと栄養分が壊れてしまうので、水か人肌程度のお湯またはミルクでカナガンをふやかすのが適当です。

ふやかすことで消化がしやすくなるので、消化系に優しくなります。

食事はなるべく回数を多く与える

パピーパピーの時期は、胃が大きくないため、1度に摂取できる量が限られます。

そのため1日にカナガンチキンを3~5回位に分けて与えてください。一度に多くの食物を食べると吐いてしまう場合があります。

そしてポイントはあまり食事の間隔が空かないようにします。

この時期に1度の食事を多くすると将来、太りやすい体質になると言われているので注意が必要です。

カナガンチキンへ切り替える場合は段階を踏む

経過日これまでの
ドッグフード
ドッグフード(いままで)
カナガンチキン
ドッグフード
カナガン
1日目の割合75%25%
2日目の割合75%25%
3日目の割合50%50%
4日目の割合50%50%
5日目の割合25%75%
6日目の割合25%75%
7日目の割合0%100%

カナガンチキンを与える際は、必ず今まで食べていたフードから25%ずつ混ぜて、約7日間かけて完全に移行します。

パピーの場合は特にデリケートなので、一度にフードを変えてしまうと食べなかったり吐いてしまう場合があります。

もし馴染めず食べない場合には、最初の数日間はカナガンを細かく砕いて今までのフードに振り掛けて与えてください。

カナガンチキンをビニール袋に入れて麺棒やすりこ木棒で叩くと簡単に砕くことが出来ます。

カナガンチキンはパピーの成長期にピッタリの豊富な栄養

カナガン 原材料

カナガンは生チキン+乾燥チキンを含め、動物性たんぱく質を60%も含んだ栄養が非常に豊富なフードです。

急激に身体が大きくなる成長期のパピーにピッタリな栄養が豊富に含まれているのです。安価なドッグフードとの大きな違いが、この品質の高い原材料。

そしてカナガンには身体全体をスムーズにする「グルコサミン・コンドロイチン」も多く含まれています。この栄養成分は老犬用と思われがちですが成長期にも必要な栄養です。

カナガンチキンはパピーにも食べやすい形状と硬さ

カナガンチキンの粒はサイズが1センチ・厚み4ミリと小型で、さらに中心に穴の開いたドーナツ状。この形状は弱い力だも噛み砕けやすい形状なのです。

また硬さも穀物が含まれていないので、短時間でふやけますので、パピーに与えるのに適した形状と硬さであると言えます。

パピーの健康をサポートする保存料・調味料・香料不使用

パピーとカナガンドッグフード

カナガンチキンは害のある「保存料・調味料・香料」など健康に心配な添加物を一切使用していません。

パピーの頃からこれらの添加物を摂取し続けると将来の病気に繋がりかねませんが、カナガンは安心して愛犬に与えることが可能です。

そもそも子犬(パピー)用のフードって何?

市販の子犬用のドッグフードは、成犬用のフードとどこが違うのでしょうか。パピー用と成犬用のフードを扱っているメーカーで成分の比較しました。

比較するのは、子犬用と成犬用を扱っている大手メーカーの

【サイエンスダイエット】
◆パピー小粒(~12カ月)
◆アダルト小粒(成犬用1~6歳)

【アーテミス】
◆スモールブリードパピー <小粒タイプ>
◆スモールブリードアダルト<小粒タイプ>

とカナガンを比較しました。

サイエンスダイエットカナガンチキン
成分
パピー用

成犬用
カナガンパッケージ

全年齢用

カロリー416kcal369kcal376kcal
タンパク質29.1%23.8%29%以上
脂質19.7%16.1%15%以上
粗繊維1.9%1.7%5.25%以下
オメガ31.11%0.53%0.9%
オメガ63.24%3.73%2.8%
カルシウム1.35%0.77%1.86%
アーテミスカナガン
成分
パピー用

成犬用
カナガンパッケージ
全年齢用
カロリー368cal368kcal376kcal
タンパク質28.0%25.0%29%以上
脂質17.0%15.0%15%以上
粗繊維4.5%4.5%5.25%以下
オメガ30.4%0.4%0.9%
オメガ63.3%2.4%2.8%
カルシウム1.60%1.47%1.86%

パピー用フードの特徴

  • 成長を促進する高タンパク・高カロリー
  • 皮ふや脳の成長を促すオメガ3を多く含む
  • 骨の成長に必要なカルシウムを多く含んでいる

大まかに言うとこのような特長です。

Check

カナガンドッグフードチキンは2つのメーカーのパピー用ドッグフードと同等レベルの

  • タンパク質
  • カロリー
  • オメガ3
  • カルシウム

で構成されており、タンパク質など専用フードを凌駕する栄養素を持っています。

パピーの頃からグルテンはアレルギーの危険性

消化が悪い穀物の小麦・トウモロコシ・大豆を含んでいるフードは、雑食に近いと言われる犬でも、消化が苦手です。

そのため、当然にパピーの消化に優しいとは言えません。

また、小麦・トウモロコシ・大豆などのグルテンはアレルギーになりやすいため、パピーの内から食べていると将来にアレルギーになる可能性が高まります。
そのため犬は避けた方が良い食材なのです。

カナガンチキンは穀物不使用(グルテンフリー)のため安心して与えられます。

ただし、アレルギーは様々な原材料で起きる場合がありますので、心配な方は原材料表で確認しておくことをお勧めします。

原材料表

チキン生肉26%、乾燥チキン25%、サツマイモ、エンドウ豆、ジャガイモ、エンドウ豆タンパク、アルファルファ、チキンオイル3.1%、乾燥卵3.1%、チキングレイビー1.6%、サーモンオイル1.2%、グルコサミン、メチルスルフォニルメタン(MSM)、リンゴ、ニンジン、ホウレンソウ、オオバコ、海藻、フラクトオリゴ糖、コンドロイチン硫酸、カモミール、セイヨウハッカ、マリーゴールド、クランベリー、アニス、コロハ、ミネラル類(鉄、亜鉛、マンガン、銅、ヨウ素、セレン)、ビタミン類(A、D3、E)

カナガンチキンは切り替え負担の無い全年齢対応

パピーからシニアまで

カナガンチキンはパピー(子犬)から老犬(シニア)まで全年齢に対応したオールステージとなっています。

実は犬にとってフードの切り替えは胃腸が変化にびっくりして、下痢や軟便になってしまうこともあります。

そのためパピーの時から老犬まで、全くドッグフードの切り替えが必要ないカナガンは犬にとって切り替え負担の無いドッグフードなのです。

カナガンとモグワンでパピーに合うのは?

カナガンとモグワンでパピーに合うのは?

カナガンと良く比較されるモグワンでパピーに合うのはどちらのドッグフードなのでしょうか。どちらもグレインフリーで価格も同等のドッグフードです。

ずばり結論はカナガンの方がパピーにピッタリです。

カナガンの方が栄養価が高く成長期にピッタリ

カナガンチキンモグワン
タンパク質29%以上27%以上
脂質15%以上10%以上
粗繊維5.25%以下4.75%以下
カロリー376kcal361.5kcal

カナガンドッグフードはタンパク質が29%以上・脂質が15%以上と豊富でパピーに必要とされる栄養素をたっぷり含んでいます。成長期にピッタリの性質なのです。

カナガンは生サーモンが含まれず消化に優しい

モグワンには生サーモンや乾燥サーモンが多く含まれます。
サーモンはDHAやEPAなど有効な栄養素を補給できますが、消化器官が未発達のパピーの場合は下痢を起こすことがあります。

そのためサーモンが含まれないカナガンの方が子犬に優しいと言えます。

カナガンチキンをパピーにお試しした口コミ


※2020年12月頃にパッケージのリニューアルあり

2か月からお試しでカナガンチキンにしました

ドッグフードを色々悩んだ結果、2カ月から食べられるカナガンチキンにしました。

早速半分混ぜてあげたら、何の異変も感じることなく完食!!元気でいて欲しいので身体に良いものをあげたいです。

 


※2020年12月頃にパッケージのリニューアルあり

美味しそうに食べてくれる

新しいドッグフードが届きました。カナガンチキンへ変更!

早速食べさせたら食いつき良く、ガツガツ食べてた。美味しそうに食べてくれる姿を見てるだけで嬉しくなる。


カナガンをチワワ6か月に与えているYoutube動画の口コミ

子犬の柴犬は残さず💩緩くない!

〜生後102日〜
シュプレモ子犬用からカナガンに移行4日目🍴
カナガンにしてから1度も残す事も💩緩くなる事もないので大丈夫そう🙆‍♀️

柴犬の子犬に与えている口コミ

管理人
管理人

カナガンをお試しした子犬の口コミは好感のレビューが多かったです!

カナガンドッグフードチキンはパピーに合うか?まとめ

パピー犬

カナガンチキンはパピーにも大変お勧めのドッグフードです。

必要なタンパク質・オメガ3・カルシウムを多く含み、安全性の高いヒューマングレードの原材料、グレインフリーで消化性に優れ、離乳期から健康の維持が期待できます。

プレミアムドッグフードの中でも、これほど子犬に合うドッグフードは他にはないでしょう。

カナガンは全年齢対応なので、ずっと使い続けられるドッグフードです。

もし愛犬がパピーだったらカナガンチキンへの切り替えをお考えいただくのが良いかと思います。

発売元のレティシアンのアドバイザーも「子犬の頃から良質なフードを与えていると将来、だっこしたくなるほどの良い子に育つ」とのことです。

リン

わたしも子犬の時からカナガンチキンだったら良かったね。

管理人

ごめ~ん!その当時は勉強不足でした。でもカナガンチキンはシニアでも相性はバッチリなのよ!