カナガンドッグフードの原材料や成分の安全性は?添加物と原産国は?

カナガンの原材料

カナガンドッグフード原材料はどうなの?
カナガンは非常に人気のある通販専門のドッグフードですよね。
しかし、いくら人気があっても体に害があるものが少しでも入っていたら、愛犬には与えられません。
原材料成分の安全性は?
添加物と原産国は?
始めて切り替えるドッグフードに心配はつきものです!
管理人
管理人

そこで、今回はカナガンドッグフードの安全性は本物なのか?
原材料、成分、添加物、原産国の安全性について詳しく調べて行きましょう。

リン
リン

人気があるドッグフードだって、実は危険な原材料が大量に入っていることがあるんだよね!

カナガンドッグフードの原材料と成分の安全性を確認

カナガンTOP

まずはカナガンドッグフードの原材料と成分を確認しましょう。

カナガンドッグフードの原材料

 

カナガンの原材料
骨抜きチキン生肉26%、乾燥チキン25%、サツマイモ、エンドウ豆、ジャガイモ、エンドウタンパク、アルファルファ、鶏脂3.1%、乾燥全卵3.1%、チキングレイビー1.6%、サーモンオイル1.2%、ミネラル(硫酸第一鉄水和物、硫酸亜鉛一水和物、硫酸マンガン一水和物、硫酸銅(II)五水和物、無水ヨウ素酸カルシウム、亜セレン酸ナトリウム)、ビタミン(ビタミンA 16,250IU/kg、ビタミンD3 2,400IU/kg、ビタミンE 240IU/kg)、グルコサミン1000mg/kg、メチルスルフォニルメタン(MSM)1000mg/kg、リンゴ、ニンジン、ホウレンソウ、オオバコ、海藻、フラクトオリゴ糖、コンドロイチン700mg/kg、カモミール、セイヨウハッカ、マリーゴールド、クランベリー、アニスの実、コロハ

原材料の危険な原材料をチェックしました。
しかし、危険な原材料は1つもありません

なので危険な原材料にチェックが入りません。
危険な原材料がある場合は、以下の例のように赤色の文字になります。

危険な原材料が含まれるドッグフードの例
とうもろこし小麦、肉副産物(チキンミールチキンパウダー家禽ミールフィッシュパウダー)、ビートパルプ大豆ミール動物性油脂家禽エキス植物性タンパク、フラクトオリゴ糖、乾燥卵、STPP(トリポリリン酸塩)、ひまわり油、デヒドロ酢酸ナトリウムソルビン酸ソルビン酸カリウムプロピオン酸ソルビトール・グリニジン、酸化防止剤(BHABHTエトキシキン没食子酸プロピル赤色3号青色2号

赤い文字が危険な原材料になります。

 

チェック項目

肉副産物(廃棄家畜肉)
○○粉、〇〇ミール、○○肉副産物など、人間の食用に満たない骨、爪、くちばし、羽まで含まれている粗悪な家畜の廃棄部位
原材料が不明確な肉類
ミートミール、動物性油脂類など、何の肉が分からないもの、4Dミートなど死んだ家畜を含む廃棄物など
エトキシキン、BHA、BHTほか人工化合物
危険な原材料を隠すため、油脂類を吹き付けてあるため、その油脂が酸化しないための人工的な酸化防止剤など
トウモロコシ・小麦・大豆
アレルギーを発症しやすい穀物(グルテン)、またそれらの副産物(ビートパルプなど)
着色料・香料・調味料
赤色3号・青色2号などの合成着色料、粗悪原材料をごまかすため匂いを付けたり、グリシリンアンモニエートなどの甘味料で人工的に味付けしたもの

上記の通り、カナガンドッグフードの原材料は全てこれら危険な物質を含んでいません。
安心して愛犬に与えられるドッグフードと考えて間違いありません。

リン
リン

カナガンには危険な原材料は何1つも無いんだね。
人工的な香料も使ってないけど、
良い匂いがするのは天然の食材の匂いなんだね。
うん、ヘルシーだ!

 

カナガンの成分を確認

成分 カナガンデータ
粗たんぱく質 33%
脂質 17%
粗繊維 3.5%
粗灰分 8%
水分 8.5%

成分データを見るときのポイントを説明しましょう。

ドッグフードには「保証成分値」という成分の含有率を、パッケージに必ず表示してあります。

カナガンドッグフード成分表

それらは「粗たんぱく質、脂質、粗繊維、粗灰分、水分」の5つを指します。
その中で特にチェックするポイントは粗たんぱく質、脂質、粗繊維です。

粗たんぱく質

粗たんぱく質は肉や魚の動物性と、小麦やトウモロコシなどの植物性があります。身体の筋肉や皮ふ・被毛など組織を作る生きてゆく上で大切な栄養です。

たんぱく質が不足すると体が弱り免疫力が落ちて、病気になり易くなります。

過剰に摂取しすぎても肝臓に負担がかかると言われていますが、犬は本来肉食なので、高たんぱくでも特に問題はありません。

ただし、肝機能低下や肝不全などの病気を持っている場合は、必ず獣医師に相談したうえで与えるようにしましょう。

粗脂肪

カナガンの毛艶脂肪は身体を動かすエネルギー減であり、体温の維持や、細胞膜・ホルモンを作りビタミンを吸収するなど重要な栄養素です。

不足すると痩せてしまい、被毛が艶が無くなり皮膚にも悪影響が出てしまいます。成長期には発育不足になる可能性があります。

ただし、質の低い脂質の過剰摂取は肥満、急性膵炎など病気を引き起こしやすくなりますが、カナガンのような質の高い粗脂肪は問題が無いと考えられます。

理想は15%前後と言われており、カナガンは肉の含有率が高いので17%と若干多いのですが、理想に近い数値です。

粗繊維

カナガンドッグフードさつまいも繊維は直接的な栄養源ではありませんが、犬の体内の老廃物や余分な水分の排出を助ける役目を果たしています。

そのため便通が良くなり、消化器官内の善玉菌の活性化に役立ちます。

しかし、摂りすぎると下痢になってしまうこともありますので、目安は3~6%が理想とされています。

カナガンドッグフードの粗繊維は3.5%で理想の範囲内となっています。

カナガンドッグフードの成分まとめ

上記説明の通り、カナガンドッグフードの成分は、全て理想の数値であり、危険な値は一つもありません。
このことからカナガンドッグフードの成分は愛犬に安心して与えられるドッグフードではないでしょうか。

カナガンドッグフード

 

カナガンドッグフードの添加物は大丈夫なの?

カナガンドッグフードは無添加なのでしょうか?

カナガン添加剤

どんな時でも安心安全なドッグフードは無添加があたり前では?

しかし添加物があるのです

しかし!!それは天然の添加物です。
そのため人工の添加物はありませんので、安全安心には全く変わりがありません。

カナガンドッグフードには危険とされている人工添加物である酸化防止剤(エトキシキン、BHA、BHT)、香料、着色料、調味料など発がん性を指摘されている物やアレルギーを誘発するものは一切含んでいません。

モグワンに含まれる添加物

  • ビタミン(ビタミンA 16,250IU/kg、ビタミンD3 2,400IU/kg、ビタミンE 240IU/kg)
  • ミネラル(硫酸第一鉄水和物、硫酸亜鉛一水和物、硫酸マンガン一水和物、硫酸銅(II)五水和物、無水ヨウ素酸カルシウム、亜セレン酸ナトリウム)
  • グルコサミン1000mg/kg、メチルスルフォニルメタン(MSM)1000mg/kg、コンドロイチン700mg/kg

これらが含まれています。
ビタミンやミネラルはドッグフードの製造過程で失われてしまう大切な栄養素です。
しかし、しっかり摂取する必要がありますので、安心できる天然成分で補っているのです。

グルコサミン、コンドロイチンは関節ケアに役立つ効果が期待されている物質です。

メチルスルフォニルメタンは皮膚や軟骨を作るための成分で、肌や被毛の維持にも欠かせない成分です。

 

カナガンドッグフードの原産国は「イギリス」

イギリスとカナガンカナガンドッグフードはイギリスで製造されているドッグフードです。
イギリスの食品ってあまり馴染みがないので、品質に対するイメージが湧きませんよね。

安全性や品質は大丈夫?
そんな心配が考えられます。

しかし、イギリスは世界的に最も古くからドッグフードが作られているドッグフード発祥の国でなのです。
そしてイギリスは動物愛護の国。特に犬や猫に関する法律での規制も多く、ペットショップで生態を販売してはいけないほど保護された環境です。

犬や猫は動物愛護施設から引き取るか、ブリーダーから譲り受けるか、知人から譲渡してもらう、などでしか入手しかないのです。

イギリスで動物を保護する法律は明治時代にできたそうで、動物愛護の歴史や規模が日本とは全く異なるのです。

犬はしつけをプロから習うことが当たり前なので、電車やバスなど交通機関・ホテル・スーパーにもリードだけで入ることが出来ます。

カナガンと電車
このようにペットを家族同前に大切に扱う国ですので、日本とドッグフードのレベルに大きな差があって当然なのです。
製造者への厳しい要求、監視も日本とはケタ違いなのです。

イギリスのドッグフードには、欧州食品安全庁のしっかりした規則規制があります。

またFEDIAF(ヨーロッパペットフード工業会連合)による製造、栄養などに関する基準もあり、簡単にはペットフードの製造も行えないのです。

このようにドッグフードに対する法律が日本よりも格段に厳しく、製造工程も監視・記録された工場での製造が義務付けられているのです。

カナガンの工場

このように、カナガンドッグフードは製造がイギリスであることに関し、全く問題なく愛犬に与えられると考えて良いでしょう。

カナガンの原材料・成分・添加剤・原産国のまとめ

カナガンとシーズーカナガンドッグフードには危険な原材料、成分、添加物は含まれていません。
そして日本とは比較にならない厳格な基準や監視のもと、ドッグフードが作られていること。

そのため安全性に関してあなたが心配することは全くありません。

国産より遥かに安全安心と思ってください。

管理人
管理人

もし、安全安心なドッグフードをお探しであれば、カナガンドッグフードを選んでみてはいかがでしょうか。

リン
リン

わたしも美味しく、そして飽きずに毎日食べてますよ。

カナガンドッグフード

error: Content is protected !!