カナガンドッグフードはマルチーズにはダメ?マッチング率は何%なの

カナガンドッグフードとマルチーズ

カナガンドッグフードはマルチーズに与えて良いの?
マッチング率は何%なの?
マルチーズを飼っている飼い主さんは、とても気になりますよね。
管理人
管理人

そこで、今回はカナガンドッグフードがマルチーズに合うのか、マッチング率は?を詳しくお知らせしますね。

リン
リン

ベストマッチだったら友達のマルチーズ君に教えてあげちゃおう!

カナガンドッグフードはマルチーズに合うの?

早速、お答えしましょう。

はい、ベストマッチです。マッチング率は95%!

リン
リン

そ、そんなに高いんですね。

マルチーズは光沢のある綺麗な被毛と、真っ黒なおメメ!
遊び好きだけど活動量はそれほど多くない。

管理人
管理人

そんなマルチーズには、意外にも栄養豊富なカナガンドッグフードがベストマッチなんですね。

リン
リン

合わない5%って何でしょう?

管理人
管理人

それも後ほど解説しましょう。

カナガンドッグフードがマルチーズに合う理由

マルチーズの綺麗な被毛の維持には高たんぱくが必要

カナガンとマルチーズ

真っ白でキラキラした被毛が特長のマルチーズですが、充分に動物性のたんぱく質と脂質を摂取できないと、艶も無くなりくすんだ被毛になってしまいます。
カナガンドッグフードは動物性たんぱく質を約60%も含んだ良質なドッグフードです。

脂質も17%と高く、栄養価の豊富な他のプレミアムフードと比較しても高い数値です。

また、毛艶を良くする必須脂肪酸が多く含まれるサーモンオイルを使用していますので、毛艶の改善にも期待できます。

マルチーズ最大の悩み「涙やけ」改善に

カナガン涙やけ

美しい真っ白な被毛のマルチーズなのに、とっても残念なのはお顔が赤く染まってしまう「涙やけ」。
特に目が大きいマルチーズは涙やけになり易く、白い被毛は涙やけが目立ちます。

涙やけの原因はさまざまですが、最も多い原因は食べ物です。

  • 人口添加剤を多く含む
  • アレルギーになりやすい原材料
  • 粗悪な副産物や廃棄食材の使用

カナガン原材料

これらによって引き起こされると考えられています。
カナガンドッグフードは、すべて天然素材のみで作られているので、人工的な添加物は一切含んでいません。
アレルギーになり易い、牛肉・豚肉・小麦・トウモロコシ・大豆を含んでいません。
全ての原材料は人間でも食べられるヒューマングレードの品質です。
粗悪な廃棄食材や副産物などを含んでいません。

そのため、涙やけの改善に期待でき、口コミでも涙やけの改善の情報も多々見かけます。

 

マルチーズの膝蓋骨脱臼に良いコンドロイチン高配合

カナガンとマルチーズ

マルチーズは「膝蓋骨脱臼」になりやすい犬種といわれています。
膝蓋骨脱臼は、何かの原因で膝の皿が脱臼してしまうこと。

そんな関節の病気の予防にグルコサミンがありますが、カナガンはこのグルコサミンが非常に多く含有されています。
一般の関節ケアフードでも平均500mg/kg程度のところ、1000mg/kgもあります。
最近はワンちゃん用の関節ケアとして、グルコサミンのサプリが販売されているくらいです。
最初からフードに多く含まれているのは嬉しいですね。

なお、愛犬の足の様子がおかしいと思ったら、すぐに動物病院を受診してください。

マルチーズは活動量が少ないので肥満に注意

マルチーズは活動量が少なく、理想の散歩量も1日1~2回の各10分程度です。
そのため、意外と肥満に注意しなくてはなりません。
カナガンを安価な市販のドッグフードと同じ量を与えてしまうと肥満に繋がります。
きちんと指定の給餌量を守って、また体型沿って給餌量の調整を行うようにしましょう。

カナガンドッグフードは太る原因?適性な給餌量(給与量)と調整法
カナガンドッグフードは1日どのくらい与えたら良いのでしょうか?また、体調や体型によっても調整が必要なので、事前に詳しく知っておきたいです。カナガンを与えたら太ったという口コミもあったし。今回はカナガンの給餌量について詳しく解説して行きます。
管理人
管理人

愛犬が欲しがるからと、ついつい与え過ぎは禁物です。

リン
リン

なるほど、これが守れないと肥満になるから、5%が合わない人なんだね。

おやつの与え過ぎも要注意、家族でルールを徹底しましょう。

カナガンはマルチーズに合うのか?まとめ

カナガンは以下の効果がとても期待できます。

  • 被毛の輝きの向上
  • 関節のケア・膝蓋骨脱臼の予防
  • 涙やけの改善

なお、体質の改善には3か月は掛かると言われていますので、そのくらいの期間はお試しが必要になります。

また、肥満には十分に注意してください。スーパーで売っている粗悪なフードとは栄養価が違います!

error: Content is protected !!