カナガンVSファインペッツ比較!驚異の肉含有率80%は何が違う!

カナガンVSファインペッツ

カナガンを検討していると、同様に安心して愛犬に与えられるプレミアムフィードの「ファインペッツ」も比較検討のフードに入って来るのではないでしょうか。

そのファインペッツの最大の特徴は肉の含有量が80%と驚異的に高い事です。

アレルギー物質を使用しない、そして人工添加物が無添加という点はカナガンもファインペッツも同じ。

管理人
管理人

では、どこが違うのか?比較して愛犬に合うのはどちらなのか、詳しく確認して行きましょう。

リン
リン

カナガンが動物性たんぱく質60%で高いのに、さらにその上を行くファインペッツ。

主原料が鹿肉って、どんな感じ?興味沸いてきた!

 

カナガンVSファインペッツを比較

カナガンドッグフードの歴史と特長

カナガンの歴史

カナガンは創業者のエディー氏が小さなペットショップ経営からドッグフードメーカーへ転職して、その品質に疑問を持ち自らが開発したドッグフードです。

カナガンドッグフード

エディー氏は「本当に良いドッグフード作り」を目指し、世界中のペットフードを探し回り、あらゆるドッグフードを研究した結果、穀物不使用の「グレインフリー」が犬にはベストであることを発見しました。

カナガンチキンそれは今から20年も前のことであり、当時はどこにもグレインフリーのフードが無かったのです。

まさにグレインフリーの先駆者で、他を一歩先行くフードなのです。

今ではカナガンは世界中に輸出され、イギリスの代表的なフードとして信頼と人気を集めています。

カナガンはヨーロッパ全土の中でも最高クラスの評価を得ている専門工場で製造されています。

カナガンの工場

その工場は「欧州ペットフード工業連合(FEDIAF)の非常に厳しい基準をパスしているので、安心して愛犬に与えられる高品質を誇っています。

原材料は地元のイギリス産にこだわり、メーカーが常に監視できる生産者と提携して品質を維持しています。

もちろん、プレミアムフードに求められる人工物は無添加、そしてアレルギーを起こしやすい原材料は使用していません。

ファインペッツの歴史と特長

ファインペッツ

ファインペッツファインペッツは日本のペットフードの品質に疑問を持ったオーナー皆川氏が1994年のカナダTLCペットフード社のプレミアムフードの販売を開始したことからスタートしました。

このTLCペットフード社のフードは「人が食べられる品質」のフードで、天然の食材を使用し、無添加です。

オーナー皆川氏がこのフードをさらに改良して、現在のオランダの工場で製造されているのが「ファインペッツ」なのです。

ファインペッツ創業者

ファインペッツを生産するオランダは世界的に有名なドッグフードメーカーの拠点があるペット先進国。

ワンちゃんをホテルやレストランなど、どこへでも連れていける動物愛護の国なのです。

 

ファインペッツ生産ファインペッツの特長は犬の消化器官には肉が最も適しているという視点から、肉の含有量が80%と高い点です。

そしてその肉はアレルギーの最も発生しにくい鹿肉を中心に鶏肉とサーモンをプラス。
アレルギーの心配がある牛肉や豚肉は使用していません。

フラクトオリゴ糖やマンナンオリゴ糖が腸内の善玉菌を増やし悪玉菌を排出させ腸内環境を整えます。

カナガンVSファインペッツ効果の比較

カナガンとファインペッツの効果は、共にかなり近い効果が期待できます。
共通する効果を記載します。

食いつきが非常に良い

カナガン食いつきカナガン・ファインペッツ共に肉類が多く、サーモンオイルチキングレイビーなど食いつき向上の材料も含まれています。

 

 

アレルギー対応で皮膚の状態や涙やけに効果的

グレインフリー 穀物不使用カナガンもファインペッツも小麦・トウモロコシ・牛肉・乳製品・人工添加物などアレルギーになり易い原材料を使用していません。

 

 

毛艶の向上

カナガンの毛艶豊富なたんぱく質や有効な原材料で毛艶が良くなります。

カナガンの毛並を向上させる原材料
⇒ 鶏肉、鶏脂、サーモンオイル、海藻

ファインペッツの毛並を向上させる原材料
⇒ 鹿肉、鶏脂、サーモンオイル、昆布

カナガンVSファインペッツ原材料の比較

ブランド原材料
カナガン
ドッグフード
骨抜きチキン生肉26%、乾燥チキン25%、サツマイモ、エンドウ豆、ジャガイモ、エンドウタンパク、アルファルファ、鶏脂3.1%、乾燥全卵3.1%、チキングレイビー1.6%、サーモンオイル1.2%、ミネラル、ビタミン(ビタミンA 16,250IU/kg、ビタミンD3 2,400IU/kg、ビタミンE 240IU/kg)、グルコサミン1000mg/kg、リンゴ、ニンジン、ホウレンソウ、オオバコ、海藻、フラクトオリゴ糖、コンドロイチン700mg/kg、カモミール、セイヨウハッカ、マリーゴールド、クランベリー、アニスの実、コロハ
ファイン
ペッツ
鹿肉、鶏肉、オートミール、大麦、全粒米(玄米)、鶏脂、グリーンピース、ポテト、豆類繊維質、リンゴ、サーモン、鶏レバー、サーモンオイル(オメガ3・オメガ6)、チコリ抽出物、フラクトオリゴ糖、マンナンオリゴ糖、フラックスシード、ビール酵母、全卵粉、昆布、パセリ、ローズマリー、セイヨウイラクサ、カモマイル、セージ、タイム、コリアンダー、セイヨウタンポポ、甘草、魚介類抽出物(グルコサミン0.03%)、ユッカシジゲラ抽出、コンドロイチン0.01%

オーツ麦カナガンは主原料に生チキン+乾燥チキンを使用しています。

ファインペッツは主原料に鹿肉+鶏肉+オートミール+大麦を使用しています。

カナガンは完全な穀物不使用のグレインフリーですが、ファインペッツは穀物を使用しています。

だだし、ファインペッツに使用されている穀物はアレルギーになり易い小麦やトウモロコシは使用していません。

どちらのフードも酸化防止剤は、人工的なものは使用せず天然由来のビタミンEを使用しています。

 

カナガンVSファインペッツ成分の比較

ブランド成分
カナガン
ドッグフード
粗タンパク質:33%以上、粗脂質:17%以上、粗繊維:3.5%以下、粗灰分:9%以下、水分:8.5%以下、オメガ6脂肪酸:2.80%、オメガ3脂肪酸:0.90%、リン:1.42%、マグネシウム:0.10%、ナトリウム:0.60%、カルシウム:1.86%、カリウム:0.60%、エネルギー:361kcal/100g
ファイン
ペッツ
粗タンパク質:27.1%、粗脂肪分:16%、粗繊維質:4.5%、灰分:8.2%、カルシウム:1.91%、リン分:1.24%、水分:8%、エネルギー440kcal/100g

鹿肉アレルギー対策

特筆すべき点は、ファインペッツのカロリーの高さ(440kcal/100g)ですね。

鹿肉は中性脂肪を減らすDHAを含み、低脂肪なので、直接の肥満に繋がることは少ないですが、高カロリーなため給餌量はしっかり守るようにした方が良さそうです。

例えば体重3㎏の犬の場合の給餌量は…

  • カナガン・・・58g
  • ファインペッツ・・・33g
  • モグワン(参考)・・・76g
  • ビタワン(参考)・・・96g

ファインペッツボールカナガンも比較的カロリーが高いので給餌量が少な目ですが、ファインペッツはさらにその半分程度なのです。

参考のモグワンの給餌量の約40%、ビタワンの給餌量の約30%と非常に少量です。

 

管理人
管理人

ビタワンから急にファインペッツにしたら、食べる量が1/3に減って、ワンちゃんが物足りなく感じてしまうかもしれませんね。

カナガンVSファインペッツの粒サイズ比較

カナガン・ファインペッツ粒比較

カナガンは直径約1センチ、厚み4ミリで、ドッグフードとしてはやや小型犬向けですが、大型犬までカバーできる中間サイズです。

カナガン粒

対するファインペッツは小粒が直径7ミリ、大粒が12ミリと2種類揃っています。

超小型犬にはファインペッツの小粒は嬉しいですね。

ただし、カナガンも形状をドーナツ型にすることで噛み砕きやすくしているので、互角と言えるでしょう。

カナガンVSファインペッツの価格の比較

ブランドカナガンファイン
ペッツ
内容量2kg1.5kg
通常購入3,960円3,142円
定期
コース
3,564円2,932円
体重3kg犬
1日給餌量
平均値
58g33g
体重3kg犬
1日餌代
平均値
116円70円

ファインペッツ同じ製品重量に換算すると売価はカナガンの方が安いのですが、ファインペッツは給餌量が少なくて済むので、コスパは高いです。

また、その他の割引もファインペッツは注文10回ごとに10%ずつ安くなったり、3キロ(2袋)で送料無料になったりなど、割引幅が大きいのが特長です。

さらにファインペッツは初回1,000円で製品版と同じ1.5kg入り1袋が購入できるので、お試ししやすい条件がそろっています。

管理人
管理人
そう聞くとカナガンが割高に見えますが、他のプレミアムフードと比較するとカナガンもコスパが良い方なんです。

カナガンとファインペッツの比較まとめ(おすすめ)

カナガンとファインペッツの共通するおすすめ
・食べムラや食いつきで悩んでいる
・アレルギーや涙やけで困っている
・毛艶を良くしたい
カナガンカナガンドッグフードがおすすめのわんちゃん
・被毛や皮膚の状態を良くしたい
・たくさんの量を食べたい
・肥満に気を付けたい
・穀物が気になるのでグレインフリーが良い
ファインペッツファインペッツがおすすめのわんちゃん
・アレルギーに最もなり難い鹿肉を試したい
・穀物のアレルギーがない
・少ないフードの量で満足できる
・飼い主さんがコスパを重視している
管理人
管理人

共通する原材料は少ないのに、特性はかなり似たフードでしたね。両方お試ししてワンちゃんに決めてもらっても良いかも!

error:Content is protected !!