カナガンドッグフード【デメリット5選】知らなかったでは通用しない

カナガンドッグフードのデメリット

カナガンドッグフードは評判の口コミばかりで、デメリットが存在しない!そう思ったら大間違いです。
こんなはずじゃなかった!と後悔しないために、デメリットは事前に把握しておきたいものですよね。
管理人
管理人

そこで、今回はカナガンドッグフードのデメリットの5選をお届け致します。

カナガンドッグフード【デメリット5選】

デメリット「カナガンは通販でしか購入できない!」

カナガンの店頭販売

カナガンドッグフードはネットでよく見かけるドッグフードなので、大きいホームセンターやペットショップなら、取り扱いがありそうですよね。
しかし、店頭販売は一切行っていないのです。

実はカナガンの本拠地であるイギリスではペットに関しての知識や経験が豊富な専門ショップでしか販売されていないのです。
正しい知識でお客様にサポートができる販売店のみが取り扱えるプレミアムフードで、スーパーや量販店での販売は一切行っていないのです。

日本ではメーカーに認められた総輸入元の通販「公式サイト」にて購入することになります。

一部他の通販サイトでも扱っていることがありますが、割引やサポートなどが一切ないのでお勧めできません。

確かに「パソコンやスマホでの注文入力が手間」ということがあります。

しかし、公式サイトであれば「非常に便利な定期コース」があります。

カナガン定期コース

このサービスを利用すれば、毎月期間で自動的にカナガンが送られてきます。

そのため、一回注文すれば面倒な情報の入力もありませんし、買い忘れてしまったりすることもありません。

発送のサイクルも自由に指定できるので、小型犬なら2か月に1回、大型犬なら2週間に1回など自由に行えます。

このサービスを利用すれば、買い出しに行く必要が無くなるので、重たい思いをしてドッグフードを運ぶ手間が掛らないです。

管理人
管理人

高品質なドッグフードはこのような通販サービスを行っているところが多いのです。

デメリット「カナガンはフードの切り替えに時間が掛る!」

カナガンドッグフードは豊富なチキンの栄養価が高いドッグフードです。
そのため今まで安価なスーパーのフードから切り替える際に少し手間を掛ける必要が発生することがあるのです。

特に小麦やトウモロコシなどが主原料だった場合、変化が大きいためワンちゃんが中々慣れないことがあります。

そんな場合は約1週間かけて、今までのフードにカナガンを混ぜて愛犬に慣らして行きます。

経過日 これまでの
ドッグフード
カナガン
ドッグフード
1日目の割合 75% 25%
2日目の割合 75% 25%
3日目の割合 50% 50%
4日目の割合 50% 50%
5日目の割合 25% 75%
6日目の割合 25% 75%
7日目の割合 0% 100%

ただし、この方法を行わなければ、フードの切り替えがうまく行かないワンちゃんはほんの一部です。

ほとんどのワンちゃんは「抜群の食いつき」で、特に少しづつ慣らさなくても問題なく移行が出来ます。

初日に与えてみて「問題なく食べる」「体調も良好」であれば全部カナガンに切り替えてしまって問題ありません。

リン
リン

わたしは一気に全部切り替えても全く問題ありませんでした。
美味しいから、フードを混ぜるなど面倒なことは不要なの♪

デメリット「カナガンは太る?」

カナガンは栄養価が高く「カロリーや脂質」が平均より若干多めです。
ただし、もっとカロリーや脂質の多いフードはいくらでもあるのです。

メーカーに確認したところ、カロリーは適正な数値であるとのことです。

逆に小麦やトウモロコシが主原料の「糖分」の多い穀物フードの方が太り易いのです。

また、カナガンは100g当たりのカロリーは多くても指定給餌量が少なめなので、1日の摂取量にすると、意外と低カロリーになるのです。

ブランド名 カロリー 体重3kg
犬1日の
摂取カロリー
主原料
カナガン 361kcal 199kcal 生チキン&
乾燥チキン
モグワン 344kcal 261kcal 生チキン&
生サーモン
オリジン 398kcal 179kcal 鶏肉&
七面鳥
ファインペッツ 440kcal 145kcal 鹿肉&チキン
ロイヤルカナン 401kcal 253kcal 米&七面鳥
アイムス 377kcal 226kcal チキンミール&
トウモロコシ
サイエンス
ダイエット
374kcal 262kcal 鶏肉&
トウモロコシ

カロリー比較

カナガンは高たんぱくそして主原料のチキンはコレステロールの量を改善してくれるのでダイエットにも向いているのです。

そのため正しく指定給餌量を守り、体型に応じた調整(10%ずつ増減)を行えは適正な体型を維持できます。

 

デメリット「カナガンは価格が高い!」

カナガンと比較するドッグフードがホームセンターやディスカウントストアーで売っている市販品であれば高く感じることもあるでしょう。

しかし、カナガンと同じ安心して愛犬に与えてれるプレムアムフードと比較してみてください。

プレミアムドッグフードの価格

逆にカナガンの方がコスパに優れたドッグフードであることが分かります。

安価な市販フードと比べても、給餌量が少ない小型犬であれば、1カ月で千円と違いがありません。

ペット保険だったら毎月2,000~1万円くらいかかるので、それに比較しても大きな金額が掛からずに健康的な身体を手に入れられると思えば、逆に安く感じられますよね。

デメリット「体質が直ぐに良くならない!」

カナガンで毛艶改善カナガンの宣伝文句に「毛艶が良くなる」「涙やけが改善」「ダイエット効果」などがあります。
期待して購入しても直ぐには良くなりません。

薬ではないので、即効性はありません。

食物で体質が変わるのには最低3か月は掛かると言われています。

ただし、個体差が多いと思いますが、うちの愛犬リンは1週間程度で「涙やけ」に変化が見られました。

もし、まだカナガンを試していないのであれば、少し期待しても良いかもしれません。

ただし、3カ月は継続することをお勧めします。

カナガンドッグフード【デメリット5選】まとめ

カナガン

大切なデメリット5選をお伝えしましたが、説明の通り、どのデメリットも予め心得て置けば全く気になる問題ではないことが分かりましたよね。

主なデメリットはこの5つだけです。
これらの克服方法を理解できたあなたなら、もう心配はありません。

後はカナガンドッグフードで愛犬が健康的な身体を手に入れて、長生きするだけです。

リン
リン

カナガンを食べたら、もう粗悪な安価のドッグフードには戻れません。
美味しいんだなコレが!

error: Content is protected !!