カナガンのグルコサミン・コンドロイチンが多すぎる疑惑!真相を探れ

カナガンとグルコサミン・コンドロイチン

カナガングルコサミンコンドロイチンが多めに入っているって噂が有ります。

本当なのでしょうか?

管理人
管理人

シニアに入ったら保護したい関節に有効とされる成分ですが、そんなに豊富なのか検証しましょう。

リン
リン

多すぎだったら危険なの?真相は?

カナガンのグルコサミンやコンドロイチンの量

カナガン「ぐーる、ぐる、ぐる、グルコサミン!」というテレビCMが何年か前に頻繁に放送されていたので、グルコサミンが脚の関節に良い成分って、ご存知の方も多いと思います。

カナガンドッグフードには、このグルコサミン・コンドロイチンが含まれています。

その数値は、
グルコサミン1000mg/kg
コンドロイチン700mg/kg

カナガン公式サイトでは、「関節の健康に良い…」と2行程度に書いてあるだけで、あまり詳しい説明がありません。

いったいこの数字は良いのか、悪いのか?
気になりますよね。

カナガンのグルコサミンを他のフードと比べてみよう

カナガン関節ケア・グルコサミン

カナガンの数字を見ただけでは、これが多いのか少ないのか?
分からないので、他のドッグフードと比べてみましょう。

ブランド グルコサミン
(mg/kg)
コンドロイチン
(mg/kg)
カナガン 1,000 700
モグワン 178 125
サイエンス
ダイエット
健康ガード
関節
902 1,674
ロイヤル
カナン
関節サポート
含有量
非公開
含有量
非公開
アボダーム
シニア
640 1200
スーパー
ゴールド
関節の健康
含有量
非公開
含有量
非公開
アーテミス
アガリクス
300 100
ユーカヌバ
関節
すこやかに
475 45
ピッコロ
(シニア向け)
1,780 1250

ご覧のようにカナガンのグルコサミン・コンドロイチンの含有量は関節ケアフードと比べても、かなり多く含まれていることが分かります。

グルコサミンやコンドロイチンは過剰摂取の危険性は?

カナガンの原材料

カナガンに含まれるグルコサミン・コンドロイチンは専用の化学物質を付加した訳ではなく、天然の食材に含まれ、フードの中に適正な含まれているので問題ありません。

サプリのように、その成分だけを専用に摂取する場合には、過剰摂取による胃腸の不調などを起こす可能性があるため、摂取量は注意が必要です。

犬にグルコサミンやコンドロイチンって必要なの?

室内飼育が増えた現代では筋肉不足・肥満などの問題や、犬種によっては関節の病気に掛かりやすい場合もあります。

特に、

小型犬に多い膝蓋骨脱臼(パテラ)
⇒チワワ、マルチーズ、トイプードル、ポメラニアン

大型犬に多い股関節形成不全
⇒ゴールデンレトリバー、ラブラドールレトリバー

胴長犬に多い椎間板ヘルニア
⇒ダックスフンド、ウェルシュコーギー

これらの犬種は関節の病気に注意が必要と言われています。

犬の関節トラブルに多い「膝蓋骨脱臼」パテラ

リン
リン

これは痛々しいですね。散歩にも行けなさそう…

管理人
管理人

こうならないように、日ごろの関節ケアは大切です。

 

関節ケアには良質なたんぱく質も必要

関節ケアグルコサミン

グレインフリー 穀物不使用関節ケアには運動不足はもちろん、肥満になることで関節への負担が掛かることも問題です。

そのため、肥満に繋がる糖質の多い小麦・モウモロコシの多いフードを避け、良質なたんぱく質が多く含まれるフードが必要です。

そして関節ケアにはグルコサミン・コンドロイチン以外にも関節の炎症を抑え、骨を強化する成分であるメチルスルフォニルメタン(MSM)が必要です。

実はカナガンには、このメチルスルフォニルメタン(MSM)が1000mg/kgも含まれています。

カナガンは関節ケアに最適なフード

カナガン・グルコサミン

カナガンは愛犬の関節ケアに最適な

  • グルコサミン1000mg/kg
  • コンドロイチン700mg/kg
  • メチルスルフォニルメタン1000mg/kg
  • そして豊富な動物性たんぱく質が60%
  • 主原料のチキンは脂肪燃焼効果があるダイエット向き
  • 小麦やトウモロコシを含まないグレインフリー

全てが関節ケアに良いフードであることが分かります。

カナガンのグルコサミンやコンドロイチンのまとめ

カナガンカナガンには他の関節ケアやシニア向けフード以上のグルコサミン・コンドロイチンを含むことが分かりました。

また、それ以外に成分や原材料も関節に良い効果をもたらすフードです。
そのめ、関節ケアが心配な犬種にはぜひお勧めであると言って良いでしょう。

関節ケアが必要なのはシニア犬だけではありません。
1歳未満で関節を痛めてしまう場合もあるのです。

関節ケアが心配なワンちゃんはぜひ、カナガンを1度試してみると良いでしょう。

error: Content is protected !!